安心のインプラント

インプラントの手術内容

第2の永久歯インプラント治療

インプラントは虫歯や歯周病で歯をなくしてしまった後の治療のひとつです。チタンなどでできた人工の歯根を手術で患者さんの顎の骨に直接埋め込んで、その人工歯根を土台にしてセラミックなどの人工歯を取り付けるのが特徴の治療です。人工歯根が顎の骨に直接しっかりとついているので、食事をした時の噛む力が天然の歯に近い状態で伝わります。そのため違和感がなく快適で、見た目も自然で審美性が高いことからインプラント治療は第2の永久歯と呼ばれています。

入れ歯をインプラントにする

最近は入れ歯の人がインプラントに変更する例も増えてきています。その理由は入れ歯のような手間がかからないということと、長く使うことができることです。入れ歯は食事のたびに外して洗う必要があります。入れ歯の間に食べ物が残ってしまうためにです。しかしインプラントはその隙間がないので歯磨きで十分なのです。また入れ歯と違ってしっかり固定されることと顎の骨を弱めにくいために入れ歯よりもかなり長くしようすることができます。

↑PAGE TOP